平成三十年五月十四日     日付順記録へ   8080221の雑記帳へ

 12日にリタイヤした後、フクラハギがパンパンに腫れちゃって、昨日は全く動かず、今日は慣らしに忠治を連れて赤城山へ出かけました。負担にならない覚満淵を一回り、ちょっと戻ると、牧場に大きなミツバツツジ、見晴山を往復。忠治はすっかりご機嫌モード、車に戻りたくないしぐさ、エサでだまして山を下る。

 覚満淵散策、草木も芽吹いて春の装い








   寒さは感じませんが、強い風が吹いてました。




   時々陰ります


  地蔵岳はまだ茶色ですね






  水辺にはオタマジャクシが集まって、真っ黒になってました


  

   中学生が自然観察している以外は静かでした


  

                           時々藪に入って、自然の感触を楽しみました
  

  









   覚満淵を一周して、見晴山へ移動しました


   ミツバツツジが1株だけ満開でした


  坂道を上がると






  アズマ屋です


  その奥が見晴山です。つつじはまだ蕾でした


   ヤマカラシ?


   咲きそうなヤマツツジ




   もう帰るのかな?




  ゆっくりしていこうよ、って感じ


   道の駅に寄ってお弁当を頂きました、後ろは鍋割山です、緑一色です。


   芍薬が咲いてました








   ヤグラの上からの景色がきれいでした


    芍薬畑と風車です、見頃もあるし、これから咲く種もあります


   これで今日の散策はお終いです



        日付順記録へ   8080221の雑記帳へ